ピンクダイヤモンドには2種類ある

ピンクダイヤモンドには、天然製と人工製の2種類が存在します。
人工製は、その名の通り、無色透明のダイヤモンドに人工的に色付けしたものです。店頭などでよく見かける安価なピンクダイヤモンドのほとんどはこの人口製になります。ちなみにピンクダイヤモンドを購入する際には、鑑定書、鑑別書の確認が必要となります。この鑑定書とは、ダイヤモンドのグレーディングレポートのことで、ダイヤモンドの 4C(カット、カラット、カラー、クラリティ)を記載したものです。鑑別書は、その宝石がどこの鉱物(宝石)かを鑑別してくれている証書で、その宝石が本物か偽物かを区別するために発行されます。
また、ピンクダイヤに限らず、ダイヤモンドを調べると、「4C」という単語をよく目にします。4Cとは、CRAT(カラット)、COLOR(カラー)、CUT(カット)、CLARITY(クラリティ)の頭文字を取った言葉で、ダイヤモンドの異なった煌きを表すためのものです。この4Cのコンビネーショングレードが高ければ高いほど、希少価値があるとされています。
CRAT
重量のことを指します。1カラットは0.2g。1カットのラウンドブリリアントカットで直径約6.5ミリです。
COLOR
色味のことを指します。無色透明、ピンク、イエロー、ブルーなどのバリエーションがあります。最高級カラー(無色透明)はDカラーと表記し、アルファベットがEFG…と進むにつれて石の茶色っぽさや黄色っぽさが増していきます。
CUT
研磨のことを指します。ダイヤモンドの魅力は石本来の持つ美しさですが、カットする人間の手によってその輝きをより増幅させることができます。原石を58面体に研磨にし、最大限の美しさを引き出すのが「ラウンドブリリアントカット」です。
CLARITY
透明度のことを指します。フローレスと呼ばれる一部の種類をのぞいて、ダイヤモンドには必ず内包物(インクルージョン)が混入しています。内包物もダイヤモンドの個性なので、輝きに影響を与えない程度のものだったら気にする必要はありません。

ピンクダイヤモンドには、天然製と人工製の2種類が存在します。

人工製は、その名の通り、無色透明のダイヤモンドに人工的に色付けしたものです。店頭などでよく見かける安価なピンクダイヤモンドのほとんどはこの人口製になります。天然ものが欲しい方は注意しましょう。ちなみにピンクダイヤモンドを購入する際には、鑑定書、鑑別書の確認が必要となります。この鑑定書とは、ダイヤモンドのグレーディングレポートのことで、ダイヤモンドの 4C(カット、カラット、カラー、クラリティ)を記載したものです。鑑別書は、その宝石がどこの鉱物(宝石)かを鑑別してくれている証書で、その宝石が本物か偽物かを区別するために発行されます。

ピンクダイヤは、石の色が濃くなるほどに価値が上がります。通常、ダイヤモンドのカラー評価にはD(無色)-Z(薄い黄色)となっていますが、 Zカラーを超える濃さを呈したものを「ファンシーピンク」と呼びます。一般的に色の鮮やかな順に、Fancy Vivid(ファンシーヴィヴィッド)、Fancy Intense(ファンシーインテンス)、Fancy Deep(ファンシーディープ)、Fancy Dark(ファンシーダーク)、Fancy(ファンシー)、Fancy Light(ファンシーライト)となっています。

また、ピンクダイヤに限らず、ダイヤモンドを調べると、「4C」という単語をよく目にします。4Cとは、CRAT(カラット)、COLOR(カラー)、CUT(カット)、CLARITY(クラリティ)の頭文字を取った言葉で、ダイヤモンドの異なった煌きを表すためのものです。この4Cのコンビネーショングレードが高ければ高いほど、希少価値があるとされています。

CRAT

重量のことを指します。1カラットは0.2g。1カットのラウンドブリリアントカットで直径約6.5ミリです。

COLOR

色味のことを指します。無色透明、ピンク、イエロー、ブルーなどのバリエーションがあります。最高級カラー(無色透明)はDカラーと表記し、アルファベットがEFG…と進むにつれて石の茶色っぽさや黄色っぽさが増していきます。

CUT

研磨のことを指します。ダイヤモンドの魅力は石本来の持つ美しさですが、カットする人間の手によってその輝きをより増幅させることができます。原石を58面体に研磨にし、最大限の美しさを引き出すのが「ラウンドブリリアントカット」です。

CLARITY

透明度のことを指します。フローレスと呼ばれる一部の種類をのぞいて、ダイヤモンドには必ず内包物(インクルージョン)が混入しています。内包物もダイヤモンドの個性なので、輝きに影響を与えない程度のものだったら気にする必要はありません。

ピンクダイヤの婚約指輪が国内最安値水準のお店はこちら